【クレジットカードのススメ】クレジットカードを作ると、日常のこんな場面でお得になります

お金持ちでも貧乏な人でも、誰でもみんな毎日といっていいほど、お金を使います。どんなに倹約していたって、必要最低限のお金は使わなければなりません。家賃に高熱水費、日々の食費に衣服代から交通費などなどいろいろなお金が絶対に必要になってきます。

そういった様々な支払いや買い物に、最近は何でもクレジットカード払いが使えるようになって来ました。しかし、まだクレジットカード決済を上手に使いこなせている人はそれほど多くありません。ここでは、クレジットカードを使うことで、今までどおりの生活を送っていてもお得にある方法を紹介していきたいと思います。これから初めてクレジットカードを作ろうとお考え中のあなたに、少しでもお役に立てたなら幸いです。
 
こんなお得な事があります!
 
 

自然とポイントが貯まっていく

 
クレジットカードを使って、色々な支払いを行えば、クレジットカードのポイントがたまります。ポイントがたまる率は、クレジットカードによりますが、利用額に応じてポイントがたまる場合がほとんどです。
 
クレジットカードを利用して、たまったポイントは、商品券に交換したり、航空会社のマイルと交換したり、商品購入に使えたり、時には現金にかえられる場合もあります。ポイント還元率はクレジットカードごとに違いますが利用額の0.5パーセントから1パーセントくらいが一般的です。
 
何も考えずに現金で支払いを行っていれば、本来もらえなかったポイントです。クレジットカードを使っているだけで、無意識でもポイントはたまっていきますので、気づいたときには意外と大きな額になっていることがよくありますピースサイン
 
月々支払いを行っているようなものも全てクレジットカードができないか、調べてみてください。「こんなものもクレジット決済ができるのか」といった嬉しい驚きがあるかもしれません。
 
 

割引サービスが受けられる

 
クレジットカードで支払いを行えば、店舗や商品によっては、割引サービスが適用されることがあります。単純に商品代金が割引になったり、後日キャッシュバックサービスが付いたり、次回の割引券が付いたりと色々なパターンがあります。これも、現金で払えば、そのままの料金で終わるところに何かしら付加価値として、サービスや割引を受けられるのでとてもお得感を味わえます気分上々
 
また、クレジットカードを利用しなくても、店舗によっては、ある種類のクレジットカードを提示するだけで割引があるところもあります。一度、ご自分が良く行くお店やサービスで、クレジットカードでの割引などが受けられるかを調べてみてもいいかもしれません。
日々、何気なく使っているあの店でも意外に大幅な割引サービスをしていることだってあります。
 
 

保険がついてくる

 
年会費が有料のクレジットカードには、だいたい保険がついていることが多いです。海外旅行傷害保険やショッピング保険などが一般的ですが、なかなか使いこなしている人は多くありません。海外旅行に行く際に、海外旅行傷害保険にそのつど加入して支払いをしている人は、クレジットカードを利用することで海外旅行障害保険に支払う料金が不要になります。
 
海外旅行傷害保険で一回何千円も払っている人、家族で加入している人など、クレジットカードを作るだけで保険の適用を受けられますので、クレジットカードを作ることををお勧めします。『VIASOカード』のような年会費無料でも、海外旅行傷害保険がついているクレジットカードも中にはありますし。
三菱UFJニコスVIASOカード

 

また、ショッピング保険では、クレジットカードを利用して購入した商品に不具合やトラブルなどが起こった場合に、損害を補償する機能がある場合が多いです。壊れやすいものを現金で購入して、持ち帰る際に落として割ってしまったら、だれも補償してくれません。しかし、クレジットカード払いにしているだけで、その商品が破損したり、盗難にあったりしても、その金銭的な損害をクレジットカードの保険で補償してくれるのです。
 
クレジットカードを作り、クレジットカードで支払いを行うだけですので、あなたには何も追加の料金などはかかりません。無料で、保険が付いてくるメリットがクレジットカードにはあります。
※全てのクレジットカードに保険がついているわけではありませんので、誤解のないように!
 
 

ホテルやレンタカーなど利用手続きが簡単です

 
欧米などのホテルやレンタカー会社では、クレジットカード自体が身分保障的な役割を持つことがあります。クレジットカードを利用したり、提示したりするだけで、ホテルやレンタカーの利用手続きが簡単になるなどのメリットがあります。また、クレジットカードの提示でデポジットを払わなくて良かったり、割引を受けられたりする場合もあります。
 
逆にクレジットカード払いしか対応していないようなサービスや店舗も海外にはたくさんあります。クレジットカードを所持していないと、より細かな身分証明書やより多額の前金を請求されることがあります。クレジットカードさえあれば、支払わなくてよかった料金が発生するかもしれませんのでお気をつけください。
 
 

支払いを先に延ばせる

 
クレジットカードでお買い物をした場合、その料金を実際に支払わなければならないのは、クレジットカードの引き落とし日になります。クレジットカードの支払日は、クレジットカードごとに異なりますが、月末締めの翌月払いなどですので、月初めに購入した料金は、2ヶ月近く払わなくてもいいときもあります。
 
そのため、給料日前などであまり手持ちがなくても、必要に迫られているものをすぐに購入することができます。すぐに購入することで、金銭的に得をする場合もあります。たとえば、レンタル料金を支払って利用していたものは、購入してしまえば、レンタル料を払う必要がなくなります。どうせ買うなら早く買った方がいいのです。現金が今すぐなくてもクレジットカードなら問題ありません。
 
クレジットカードで支払いを延ばす方法の一つとして「ボーナス払い」を利用することができます。また、クレジットカードによっては「分割払い」を利用できるものもたくさんあります。計画的にクレジットカードを利用することで、お得で便利な生活を手に入れられるのですびっくりマーク
 
 

多額の現金を持たずにすむ

 
最近は、どこでもクレジットカード払いが利用できる店舗がほとんどです。そのため、クレジットカードさえ持っていれば、それほど多くの現金を持ち歩く必要はありません。現金を持ち歩けば、財布を落としたり、忘れたりといったこともありえますガッカリ
 
現金は落とすと帰ってこない可能性があります。日本国内ならば、財布を落としても帰ってくることがあるでしょうが、海外で戻ってくることはまずありません。しかし、クレジットカードの場合は、落としたり、なくしたりしても、クレジットカードの利用を停止すれば、金銭的な損害はありません。
 
また、クレジットカードがなければ、どれくらい現金が必要かを予想して、現金を用意しなければなりません。予想は想像でしかないため、常に大目の現金を持ち歩くことにつながります。そうすれば、リスクが増えますし、強盗に狙われるなどのトラブルに巻き込まれる危険が増えます。
 
 

外国通貨に両替する場合のレートが良い

 
海外旅行や海外出張などで、日本円から外国通貨への両替が必要な場合があります。両替するための為替レートは、日々変わりますし、両替所によっても異なります。そのつど、両替レートを計算したり、店ごとのレートを比べたりといった確認作業は面倒です。
 
海外の両替所などでは、非常にレートの悪い両替所やぼったくりのような手数料をとるところもあります。さらには、正規の許可を得ずに営業している両替所もあり、知らずにそんな両替所で両替を行って、最悪の場合は逮捕されることだってありえます。
 
その点、クレジットカードであれば、為替レートが月単位で決められていることが多いですし、ぼったくりのようなレートや手数料をとられることはありません。
 
また、両替する際の手数料もバカになりません。もちろん、クレジットカードを利用しても現金での両替と同様に手数料は発生します。しかし、クレジットカードの場合は、現金で両替する時よりも為替レートがお得なことが多いです。手数料などを考慮しても、換算レートが良いため、総合的に考えてクレジットカードの方が現金で両替して買い物するよりもお得なことが多いのです。
 
為替レートや手数料などは、クレジットカード会社にもよりますし、為替レートが大きく動くタイミングなど、いろいろなパターンが考えられるので、一概には言えませんが、一般的にはクレジットカードのほうが現金決済よりも外国通貨との交換レートが有利なことが多いです。
 
現金での両替を行った場合、「外国のお金がたくさん残ってしまった」なんてことが良く有りますよね。外国の通貨が一杯自宅にある人もいるかもしれません。そんな外国通貨を日本円に換えるのには、また手数料などがひかれます。そもそも、マイナーな国の通貨であれば、日本では円に両替できないものもあります。
 
また、現地で両替をしなければならない場合、現地通貨での海外キャッシングを利用したほうがお得なことが多々あります。利用する通貨の種類やそのときの為替レートなどを見て考える必要があります。
 
 

クレジットカードの使う際の注意点

 
クレジットカード払いをして得する方法をたくさん紹介してきましたが、クレジットカード払いをする際に注意するべきポイントもあります。まず、クレジットカード払いは、手元の現金が減りませんので、現金で支払いをしたときよりも、お金を使った感覚が少なくなります。そのため、計画的に使わないと使いすぎてしまうことが考えられます。
 
しかし、それさえ気をつけていれば、クレジットカードを利用することで得することがたくさんあります。しっかり、計画的にクレジットカードを使うことで、毎日の日常生活の中でも得をしていきましょう。
 
 

クレジットカードを使って損することはないの?

 
クレジットカードを利用しても、損することはありません。ポイントが付いたり、割引が受けられたり、手続きが簡単になったりとクレジットカードの利用には、メリットが数え切れません。もちろん、クレジットカードを使って使いすぎてしまうといった恐れもあります。
 
しかし、それに気をつけて、賢く計画的にクレジットカードを利用すれば、毎月バカにならないくらいのお得が手に入ります。普段現金で払っていたあれやこれやを全てクレジットカード払いに代えてみてください。「今までこんなに得しそこなっていたのか」って感じることでしょう。
 
クレジットカードの利用で得することが分かった以上、明日から早速クレジットカードを作って得してください。クレジットカードをまだ持っていないって人は、すぐにクレジットカードを作りましょう。クレジットカードには、年会費などが必要なものもありますが、全て無料のクレジットカードもたくさんあります。ぜひ、皆さんそれぞれにあったクレジットカードを探し、手に入れて下さい。
 
普段、たくさん使う店舗やサービスなどにより、人それぞれどのクレジットカードがよりお得かは変わってきます。車を使うことが多いのか、デパートを使うことが多いのか、飛行機を使うことが多いのかなどなど、それぞれのライフスタイルの違いにより、クレジットカードのおすすめも変わってきます。
 
まずは、ご自分が「どんなお店をたくさん使っているのか」、「どんなサービスにお金を支払うことが多いのか」などを考えてみることからはじめましょう!
 
車を使うことが多ければ、ガソリンスタンドでお得に割引してもらえるクレジットカードがいいかもしれません。デパートに良く行く方は、デパートでの割引が受けられるクレジットカードがいいでしょう。飛行機に乗るならば、マイルが良くたまるクレジットカードにすべきです。
 
ご自分にあったクレジットカードを選び、クレジットカードを作ってください。クレジットカードを作ったら、日々の支払いをクレジットカードでなるべく行ってください。現在、口座からの引き落としを利用している支払いがあれば、それもクレジットカード払いに変えられないか、調べてください。
 
分からなければ電話して聞いてください。公共の支払いなどでもクレジットカード払いが使える場合が多くなっています。大きな病院でもクレジットカード払いに対応しているところがあります。そして、クレジットカードをたくさん利用することで、たくさん得してくださいキスマーク
 
 

~まとめ~

クレジットカードを利用した場合のメリットはいかがでしたでしょうか。海外旅行や海外出張などでクレジットカードを利用して得する方法もあれば、日常生活でクレジットカードを利用するだけで得する方法もたくさんあります。どんな生活スタイルの人でも、現金決済するよりもクレジットカード決済をする方が得する場面は無数に存在するのです。
 
クレジットカードを賢く計画的に使うことで、日常の何気ない場面でもどんどんお得に節約していってください。
 
 
 
 
 

おすすめクレジットカードの最上段へ戻る