お金の収支を常に把握して、クレジットカードを活用することが大切です

初心者の心得五箇条ーお金の収支を把握すべし
現金が手元に無くても、欲しい時に何でも購入できてしまうとっても便利なクレジットカード。持っていると格好良くもあり、ポイントも貯まって楽しい魅力が詰まっています。しかし、毎月の返済時に毎回こまめに金額を確認している方は少ないのです。口座にお金が足りなくて、未決済通知(督促状)が来てから初めて気が付いたという人も多い現状・・・。
 
返済ができなければ、滞納となりクレジットヒストリーにダメージを与え、最悪の結果、クレジットカードを強制的に解約されてしまいます。今回は、滞納状態に陥らないよう、クレジットカードを作るのにあたり気を付けるべき収支の把握方法をまとめてみました。クレジットカード初心者の方に、少しでもお役に立つことができたら幸いです。
 
 

お金の収支を把握できていますか?

 
収入に合わせていつなら返済が可能なのか、計画を立てて考えられた行動が重要です。
予期せぬ急な出費でカード会社に返済が遅れてしまう旨を連絡する場合でも、必ず返済日はいつですか?と問われます。返済日を伸ばしてくれるありがたい仕組みはありますが、決して返済しなくても良いと勘違いしてはいけません。

●滞納しないために返済金額を常に把握しましょう

クレジットカード利用者全ての人に言える事!使用したお金を支払期日までに延滞すること無く、きちんと支払えることがルールであり持つ者の責任です。毎月の収入は自分が一番理解できていると思いますが、いくらまでの金額なら余裕を持って問題無く支払いに当てることができるのかを把握し、カードを利用することが必須です。

毎月の収入が安定しておらず、今月の収入が分からない人や日払い収入であるため口座残高が把握できていない人はカードの利用を避けることをおすすめします。
収入が安定していない=返済ができないかもしれない

●返済できる返済方法の選択

返済するにあたり口座残高と現在のカード利用金額を比較したら返済金額を確認し、状況に応じて返済方法をフレキシブルに変更しましょう。

例:先月はお金に余裕があり5万円商品を一括払いでカード購入した。
しかし支払いをするのは今月であり、支払い時にはお金が無い。

このようなケースでは、返済不可能と分かった時点で「一括払い」を「リボ払い」に変更して乗り越えましょう。返済可能な状態となった時には1回払いに戻す、または繰り上げ返済で対応できます。
※リボ払いについては、次の項目でメリットとデメリットをあげて説明しています。
 
 

クレジットカードの仕組みを理解しましょう

 

●リボ払いのメリットとデメリットについて

デメリット
・支払いする回数を分けるため、完済までには時間がかかる。
・クレジットカード会社のリボ払いは手数料が割高である傾向が強い。
・返済額が一定で少なくなるので、まだ大丈夫だと使いすぎてしまうこともある。
メリット
・毎月の支払が少ない金額になるので確実な返済ができるという安心感を得られる。
・滞納・延滞を逃れるので、クレジットヒストリーに傷を付けなくて済む。
・カードが一般的に普及している現代ですが、保有している人はヒストリーが将来生きて行くためにとっても重要なのです。住宅・マイカーローンなど、大きなお金が動くときヒストリーが悪いと審査に通ることも無く、ローンを組むこともできません。

●支払い方法の変更手続きは日数が必要

返済期日間近にリボ払いに変更しようとしても、変更が完了しないので要注意!
支払い方法を変更する手続きにも時間がかかります。変更する人は何日までに手続きを済ませて下さいと各カード会社で決まりがありますので、期日も確認して早めに変更することをおすすめします。間に合わず滞納ということがないように気をつけましょう!

●どうしても返済できない、どうしよう・・・。

返済が苦しい、変更も間に合わなかった。返済が無理だと判断した時は直ぐにカード会社に連絡をして、正直に現状を話して返済の相談をしてください。連絡は返済日よりも前に行う事で、カード会社も話を聞いてくれます。何事も無かったかのように黙って見過ごしてしまえば遅延、延滞扱いに自動的になり、ヒストリーに悪影響となります。返済がない時点で悪くなる事実は変わりませんが、滞納になるよりはマシです衝撃ドン
 
 

~まとめ~

今回の初心者の心得は、いかがだったでしょうか。
クレジットカードの支払いは自分の生活や将来、家庭への影響を及ぼしかねないことを忘れてはいけません。ブラックとなってしまっては子供への悪影響にもなりかねません。返済を軽い気持ちで考えている人にクレジットカードは向いていないとも言えます。金銭面で信用されるように利用していれば、何の問題も無くヒストリーも良くなっていきますし、将来のプラスへと繋がっていきます。現代では支払い方法も各会社によって色々ありますし、返済しやすいように会社が工夫しているので、自分に合ったカードを選ぶことも重要となります。
延滞・滞納にすること無く、マナーや規則を守った利用を心がけ、信用を積み重ねましょう。
 

 
 
 
 

おすすめクレジットカードの最上段へ戻る