クレジットカードとデビットカードの違いについて

クレジットカードとデビットカードの違いについて説明します

 
月に一度の締切日を設けて、その間の利用分をまとめて予め決められた支払日に決済するのがクレジットカードです。つまり後払いになるわけです。
それに対して、デビットカードはカード利用の都度に、指定した銀行口座からその代金が引き落とされます。
すなわち、クレジットカードは後払いであって、デビットカードは即時払いと言えます。正確にはクレジットカードは一ヶ月分のまとめ払いであって、デビットカードはその都度の全額払いとなります。
デビットカードはクレジットカードと同様に現金を持ち歩くことなくお買い物ができてとても便利です。
 
 
VISAマーク
デビットカードが使えるお店は、クレジットカードと比べると現状ではまだあまり多くはありませが、VisaデビットカードならVISAマークのある世界中のお店で使うことができるうえ、セブンイレブンやローソンなどのコンビニ、楽天市場やAmazonなどのネットショップ、ニコニコ動画などのデジタルコンテンツなどにも利用することが出来ます。
 
支払い方法でみると、クレジットカードの実際の支払いでは全額を一度に支払うことも可能ですし、分割払いやリボルビングのように繰り延べて支払うことも可能です。
来月給料が入ったら買おうと思っていた商品を『今、どうしても必要になった』という場合、今月クレジットカードで決済して来月支払いをするといった消費行動もできるのです。

それに対して、デビットカードは分割払いはできず、一括払いのみとなっています。自分の銀行口座の残高金額以上の利用はできません。
販売承認に視点を当てると、よく言われている事ではありますが、クレジットカードはその与信枠に、デビットカードはその人の預金残高にアクセスをするものと言えます。

ですからクレジットカードを手に入れるには、カード会社に一定の信用があると認められる必要があります。先程も言いましたがクレジットカードは後払いですから、支払いまでの期間は借金をしているのも同然なので、それを支払える人と認定しない限りカード会社はクレジットカードを発行してくれません。
なので、クレジットカードを持ちたいと思ってカード会社に申し込んでも、審査に通らないということが起こるのです。
 

この動画を見てお分かり頂けたと思いますが、クレジットカードに抵抗のある現金派のあなたには、ピッタリのカードと言えます。
レジでの小銭のやり取りも無く、スマートにお買い物を楽しむことができます。

そのVisaデビットカードは、スルガ銀行・楽天銀行・ジャパンネット銀行・りそな銀行・あおぞら銀行・埼玉りそな銀行・三菱東京UFJ銀行・近畿大阪銀行・イオン銀行からお申込みすることができます。

なかでもおすすめは、ジャパンネット銀行の「JNB Visaデビット」です!
 

JNB Visaデビットカードのここがイイ!

ジャパンネット銀行のVisaデビットカード
 

  • Visaなのに入会審査が不要
  • 年会費が無料
    ※他のVisaデビットカードでは年会費1,000円掛かるものも有ります。
  • 世界中のVISAマークのあるお店で利用できる
  • 海外ATMで、現地通貨が引き出せる
  • 高校生(満15歳以上)でも使える
  • キャッシュカード一体型なのでお財布もスッキリ
  • 唯一無二!ジャパンネット銀行だけがTポイントを現金に交換できる
  • ヤフオク!の落札代金の支払いに便利なYahoo!かんたん決済の「預金払い」でジャパンネット銀行を利用すると、最大2%分のTポイントが貯まる

 
 
 

「JNB Visaデビット」に申し込むにはジャパンネット銀行の口座開設が必要です。
こちらからご入会ください。

 
 
 
 

おすすめクレジットカードの最上段へ戻る