クレジットカードのキャッシングとカードローンの違いについて

お金を借りるといったときにはいくつかの選択肢があります。その中でも特に身近なものと言えるのが、クレジットカードのキャッシングとカードローンなのではないでしょうか?ただ、このクレジットカードのキャッシングとカードローンの違いをイマイチわかっていないという方も少なくありません。確かに曖昧な部分はあるのですが、クレジットカードのキャッシングとカードローンというのは別物です。実際にお金を借りる方法としてこのふたつを検討しているのであれば、それぞれの違いをきちんと理解しておきましょう。
 
 

クレジットカードのキャッシングとは?

 
まずは、クレジットカードのキャッシングとは何なのかというところからお話ししていきましょう。キャッシュレス化が進んでいることもあり、クレジットカードを持っており、頻繁に使っているという方も多いでしょう。
クレジットカードには、基本的にショッピング枠とキャッシング枠というものがあります。ショッピングはクレジットカードを使ってのお買い物のための枠で、キャッシング枠はまさにキャッシングのための枠です。このキャッシング枠を利用して、お金を借りるのがクレジットカードのキャッシングということになります。
 
クレジットカードの申し込みをする際に、キャッシング枠の上限を希望することができます。その後、審査を得て、上限が決められることになります。収入状況などによっては希望通りの上限にならないこともあります。ちなみに、最初はキャッシング枠なしで申し込みをして、後からキャッシング枠の申請をおこなうこともできます。ただ、審査があり、希望通りになるかどうかはわからないという部分に関しては同じです。
 
クレジットカードのキャッシングは提携している金融機関のATMやキャッシュディスペンサーでおこなうことができます。コンビニのATMなどでも利用することができますので、キャッシング枠が使えるクレジットカードを持っておくといざというときに安心です。必要なときにスピーディーにお金を借り入れすることができるのです。
ただ、クレジットカードのキャッシングを利用すると、その分、ショッピング枠が減ることになります。というのも、クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠というのは別物と考えられがちなのですが、実際のキャッシング枠というのはショッピング枠の一部に過ぎないのです。
 
 

カードローンとは?

 
先ではクレジットカードのキャッシングについてお話ししましたが、クレジットカードのキャッシングとカードローンを混同している方も少なくありません。ただ、クレジットカードのキャッシングとカードローンというのは別物です。
 
カードローンというのは、名前の通り、カードを使って借り入れをする方法です。金融機関の普通預金口座のキャッシュカードをそのまま使うこともできますし、カードローン専用のカードがそれとは別で発行されることもあります。基本的にはカードを使って引き出すローンだからこそ、カードローンと呼ばれているのです。
カードローンの場合も利用するためには審査に通過しなければいけません。その審査に通過できて、契約を交わし、決められた金額の範囲内で借り入れをおこなうということになります。実際に借り入れをおこなう際には、ATMやキャッシュディスペンサーを利用することになります。
 
カードローンを利用しようと思った場合、基本的にはそのカードローンへの申し込みをするところから始めることになるでしょう。申し込み後には先でもお話ししましたように審査があります。この審査に通過して契約を交わし、実際に借り入れができるようになりますので、借り入れをするまでには時間がかかることになります。今すぐお金が必要といった場合には、カードローンでは間に合わない可能性もあるのです。ただ、昔に比べるとカードローンの審査にかかる時間はかなり短縮されています。
 
 

クレジットカードのキャッシングとカードローンの具体的な違いについて

 
クレジットカードのキャッシングとカードローンは同じお金を借りるための方法ではあるものの、その性質というのは異なります。そもそも使うカードからして違うのですが、ここでは、もっと具体的な違いについてご紹介していきたいと思います。
 
まずクレジットカードのキャッシングとカードローンにおける具体的な違いとして挙げられるのが金利です。金利というのはお金を借りる上でとても重要なポイントになってきます。というのも、金利によって返済する金額も変わってきますし、返済する金額が変わることによって返済の大変さも違ってくるのです。
 
一般的に金利に関してはクレジットカードのキャッシングのほうが高く、カードローンのほうが低いと言われています。ただ、カードローンが極端に低いわけではありません。あくまでもクレジットカードのキャッシングと比べればの話ですので、金利としてはどちらも軽視できない水準にあるものと考えていいでしょう。強いて言うのであれば、カードローンのほうが少しお得かもしれません。
 
次に、返済方法についてです。最近は借り入れというと残高スライドリボルビング払い、いわゆるリボ払いというものが一般的になっています。実際にクレジットカードのキャッシングでもカードローンでもリボ払いできることがほとんどです。ただ、リボ払い以外のところで見てみると、クレジットカードのキャッシングにおいては翌月一括払い、カードローンにおいては分割払いが一般的となっています。特に、クレジットカードのキャッシングは先でもお話ししましたように金利が高いこともあり、一括払い、一括返済がお得だと言われています。
 
続いて、年会費についてです。クレジットカードのキャッシングの場合、クレジットカードに年会費が必要となってくる可能性があります。もともとクレジットカードには年会費が必要なものと年会費無料のものがあります。キャッシングそのものに年会費がかかることはないのですが、キャッシングを利用しようとしているクレジットカードに年会費がかかるのかどうかがそのまま年会費の有無につながってきます。年会費のかからないクレジットカードでキャッシングを利用するのであれば年会費はかかりませんし、年会費のかかるクレジットカードでキャッシングを利用するのであれば年会費がかかります。シンプルなことです。一方で、カードローンに関しては年会費は一切かからないものと考えていいでしょう。
 
そして、サービスがどれだけ充実しているかという部分でも違いが出てきます。クレジットカードのキャッシングというのは、言ってしまえばクレジットカードにおけるオマケの機能のようなものです。キャッシングのためにクレジットカードが存在しているわけではありませんし、クレジットカードでメインとなってくるのはショッピングなどでの利用です。そのため、クレジットカードのキャッシングにおいてはあまりサービスが充実していません。実際にクレジットカードのキャンペーンなどでもキャッシングよりもショッピングのほうに力を入れているのがよくおわかりになるでしょう。しかしながら、カードローンというのはもともと借り入れが目的のサービスです。というよりも、借り入れのためだけのサービスになります。そのため、無利息サービスなどが充実しているのです。もともと借り入れのためのサービスだからこそ、カードローンは力を入れることができるのでしょう。
 
 

大切なのは計画的な利用

 
クレジットカードのキャッシングとカードローンの違いについてお話ししましたが、どちらにしても大切なのは計画的な利用です。クレジットカードのキャッシングにしてもカードローンにしても、借り入れをするときというのはほとんどの方が「いくら借りるのか」「いくらまで借りられるのか」といったことばかり考えているはずです。
 
しかしながら、借り入れをする際には借りられる金額ではなく、「いくらなら返済できるのか」を考えなければいけないのです。つまり、借りる時点ですでに返済まで考えておかなければいけないのです。
 
これがいわゆる計画的な利用ということになってくるのですが、これができずに泥沼にはまってしまう方も少なくありません。クレジットカードのキャッシングにしてもカードローンにしてもとても身近なものです。だからこそ、安易に手を出してしまいがちなのですが、そういったリスクがあることも忘れないようにしておきましょう。リスクを把握した上で、うまく活用し、計画的に利用していくことができれば何も怖いことはありません。
 
 

~まとめ~

クレジットカードのキャッシングとカードローンというのは、どちらも身近な借り入れの方法です。それゆえにこのふたつを混同してしまっている方も多いのですが、実際には別物になります。例えば、クレジットカードのキャッシングは金利が高い分、早くに借り入れができますし、カードローンであれば金利が安い分、借り入れまでには時間がかかることもあります。このように一長一短なので、どちらが一概にいいとは言い切れません。使い分けていくことが大切ですし、それ以上に計画的に利用していくことが重要になってきます。借り入れを検討している方はクレジットカードのキャッシングとカードローンの違いについてきちんと理解した上で、計画的な利用をしていきましょう。
 

 
 

関連記事:

 
 
 
 

おすすめクレジットカードの最上段へ戻る