クレジットカードのセキュリティコードについて

1.セキュリティコードとは?

クレジットカードのカードの不正使用を防ぐために、
セキュリティ対策として利用されている番号のことを意味します。
オンラインショッピングでクレジットカードを使って支払をしようとするとき、ほとんどの場合
セキュリティーコードの入力を求めらています。
セキュリティコードは磁気情報としては保持されていないので、スキミング防止に役立っています。
スキミングとは、他人のクレジットカードやキャッシュカードの磁気記録情報を不正に読み出してコピーを作成し、使用する犯罪行為のことで、「スキマー」と呼ばれるカード情報を読み取る装置を用いて情報を複製しているようです。
もしも仮に、誰かがあなたのクレジットカードの番号を知り得たとします。
その番号を使ってインターネットで買い物をしようと思えばサインも必要ないし、カードそのものを持っていなくても買えてしまうので不正に利用される可能性が出てきます。
そのための対策として、そのクレジットカードを持っている人しか知りえない番号で確認するという訳です。

2.セキュリティコードが記載されている場所

セキュリティコードはクレジットカード会社によって
表示されている場所や桁数が違います。
Visaカード ・ Masterカード ・ JCBカード の場合は、
カード裏にある署名欄右上に記載されています。
アメリカンエキスプレスカードの場合は、
カード表面の浮き彫りされたカード番号の右上の4桁の番号になります。

おすすめクレジットカードの最上段へ戻る