クレジットカードの三大審査基準

チェック1一定の収入(資産)や会社の勤続年数

クレジットカードの申込み者に返済能力があるかどうか?が一番のポイントになり、その主な判断基準となるのが現在の年収や会社の勤務年数となります。一定の条件をクリアしていないと審査は通らず、その条件はカード会社やカードの種類により異なります。
一般的には現在の勤め先が1年未満や借家での独り暮らしなどは、不利な条件となるようです。

チェック2クレジットカード履歴や他社での債務状況

今までにクレジットカードの利用履歴がなく、初めてのお申込みの場合は一般的に審査が厳しくなります。また他社借り入れ・多重債務などが多い場合にはより審査通貨は難しくなるでしょう。
特にステータスの高いゴールドやプラチナカード程審査が厳しくなります。比較的イオン・セブンカードなどの流通系クレジットカードや丸井など百貨店提携のクレジットカードなどは、作りやすいカードと言われています。

チェック3申込み書類等の記載内容不備

以外と多いのが申込み書類等の不備です。自宅はもちろんのこと、会社の住所や電話番号を省略したり、携帯電話しか記載しないだけでも信用を失い審査に落ちる場合があります。また勤続年数や年収などは虚実のデータ記載などばれると大変なので絶対にやめましょう!全ての項目を記載したあと、再度読み返してチェックするくらいの慎重さが必要です。

おすすめクレジットカードの最上段へ戻る