クレジットカードの審査基準

 
クレジットカードを初めて作る人にとっては、「クレジットカードの審査基準って、いったいど~なっているんだろ?」と、心配になってしまうのではないでしょうか。

このクレジットカードの審査基準は、各クレジットカード会社によって審査があまかったり、逆にとても厳しい審査基準を設定しているところもあったりします。

しかしながら、この審査基準は一般に公開されているわけではないので、様々な憶測がネット上に飛び交っているのが現状です。

そこで今回は自分の経験上、そして周囲の友人・知人からの情報をもとに、クレジットカードの審査基準についてメモ書きにしてみたいと思います。

「メモ書き」としたのは、あくまで個人的見解であって、ここに記したことが全ての人に当てはまるわけではないからです。
クレジットカードを初めて作る人にとって少しでも参考になれば幸いです。
 
 

カード会社が重要視する5つの審査基準

 

年収
年収の目安は概ね200万円といったところではないでしょうか。
勤続年数
勤続年数は長ければ長いほど信用度は増すので、審査に通りやすくなります。
それでは、学生や新社会人には「無理 (ノд`)」と思われる人もいるかと思いますが、そんなことはありません。学生や新社会人向けのクレジットカードもちゃんと用意されていますので安心して下さい。
勤務先
実際に在籍しているかの確認に、勤務先に電話連絡が行く場合があります。
現住所
実際にその住所で生活を営んでいることが条件になります。住まいの形状ですが、持ち家・分譲マンション・借家などがありますが、借家より持ち家・分譲マンションの方が有利かな?それよりも家賃の滞納などがあればまずいですね。
借入額
借入額が多いと審査に通りづらいようですが、これも収入によりけりなので借入れ額がいくらまでなら大丈夫という線引きはないですね。

 
 

審査に通らない理由

 

  1. 支払が滞納している
    • 過去5年以内に他社のカードで延滞があった場合。また、現状で延滞が発生している場合はほぼほぼ無理でしょう。携帯電話の料金も対象になるようですので注意しましょう!
  2. 借入れ枠を超えている
    • 所有しているカードの利用限度額が年収の3分の1を超えるとまずいようです。
  3. 多重債務がある
    • 複数のカード会社から借入れがある場合、審査に落ちることがあるようです。年収の50パーセントが返済限度額とされているようです。
  4. 奨学金の滞納がある
    • 奨学金の出資元である日本学生支援機構は、全国銀行個人信用情報センターと情報共有しているため、奨学金の滞納があるとまずいようです。
  5. 過去に他社のカードで審査に落ちたことがある
    • 半年から1年以内に他社のクレジットカードで審査に落ちた経歴のある人もまずいようです。なぜなら、一度審査に落ちてしまうとそのデータが共有されてしまうため、審査に通りづらくなってしまいます。
  6. 職業について
    • 勤続年数が長い人や高収入の人は審査に有利と言われています。審査基準としては年収200万円が一般的な目安となっているようです。また、現在会社員の方で将来独立を考えている人は、今のうちにクレジットカードを作っておくことをおすすめします。独立後の個人事業主では、クレジットカードを作るのが難しくなってしまう事があります。

 
 

 
 
 
 

おすすめクレジットカードの最上段へ戻る