使って分かったAmazon Mastercardクラシック のメリットとデメリット

ネットショッピングをする時になくてはならないものがクレジットカードです。私もよくネットショッピングをするのですが、主に利用するのはAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングです。いずれも一長一短があるので、状況によって使い分けています。人によっては、楽天は使わないまたはYahoo!ショッピングは使わないという人もいると思います。楽天はショッピング画面の画像が多くて見にくいとかサイトが重いなどの口コミも聞こえてきます。実際、ショッピング画面を見ていると、マウスで画面をかなりスクロールしないと購入ボタンへたどり着けない、商品検索もAmazonと比較すると使いにくい点が多いですよね泣き顔

それと、商品購入時にショップ毎のメルマガを登録してしまうと、購入するショップが増えることにメルマガが届くようになり、煩わしいと思っている人もいるようで、そういった人はAmazonを利用するケースもあるようです。Amazonは、ショッピングページも見やすいですし、Amazonの場合は、商品ごとに出品ページが違う楽天と異なり同じ商品を扱う複数の出品者の評価を一目で比較できるのも便利ですよね^^;

そして、ネットショッピングをするならAmazonが多いという人には、やはり、『Amazon Mastercard』を使う事でお得にショッピングができるようになりますピースサイン
私が実際に使っているAmazon Mastercard クラシックの画像
では、具体的に使って分かったAmazonカードのメリットとデメリットについて紹介したいと思います。ちなみに、Amazonカードは年会費が10,800円かかる「Amazon Mastercard ゴールド」と初年度無料で発行できる「Amazon Mastercard クラシック」の2種類ありますが、今回は、私も日常使いで利用している初年度無料の「Amazon Mastercard クラシック」についてお話していきます。
 
 

メリット① Amazonでのお買い物で1.5%~2%のポイント還元

 
通常、クレジットカードのポイント還元率は0.5~1%くらいですが、このカードを利用することでAmazonでのお買い物で1.5%~2%のポイント還元となります気分上々
1.5%~2%となっていますが、これは、Amazonプライム会員資格があるかないかで付与されるポイントが変わってきます。当然ながら、Amazonプライム会員資格を持っている方のほうがお得にショッピングができます。
・Amazonプライム会員以外なら「1.5%
・Amazonプライム会員なら「2%

このカードを支払いに使用することで、Amazonでよく買い物をする方なら間違いなくお得になると思います。すでにAmazonプライム会員に入会されている方はさらにお得に利用することができるので、Amazonプライム会員の人にはおすすめのクレジットカードですびっくりマーク

ちなみに、私もAmazonプライム会員です(^_-)
アマゾンプライム
Amazonプライム会員資格とは、Amazonプライム会員資格の有るアカウント(無料体験中、プライム家族会員、Amazon Student会員および、Amazonファミリー会員含む)を指します。Amazonでのお買い物で2%のポイント還元は魅力ですよね。また、Amazon以外の買い物は1%のポイント還元になります。まさにAmazonを利用する方向けのクレジットカードと言えます。ほんと、アマゾンのヘビーユーザなら必携のカードですよ!ど~でもいい事ですが、アマゾンヘビーユーザの私は先日もアマゾンでこんなものを買ってしまい、筋トレに励んでいる今日この頃ですキスマーク
アマゾンで筋トレグッズを購入GOLD’S GYM(ゴールドジム) ブラックレザーベルト※Amazonの販売ページへ飛びます詳細はこちら
 
 

メリット② 初年度年会費無料、次年度以降は一度でも商品を購入すれば会費無料

 
クレジットカードを保有する場合、しっかり管理していればいいですが何枚か持っていると管理が煩雑になることがあります。そういった方は年会費がかかるカードをいくつも所有していると、無駄に年会費がかかってしまい上手に活用できない可能性があります。

その為、よく使うメインカード、ショッピングなどで使い分けるカードと分けるのがお勧めです。また、あまりカードを使わない人も同様に年会費がかからないカードがいいですね。
このAmazon Mastercard クラシックですが、初年度は会員費が無料で、次年度以降は一度でも商品を購入すれば会費無料になります。基本的にAmazonで買い物をする人向けのカードなので、ここは間違いなくクリアになる部分かと思います。その為、実質無料のクレジットカードといっても過言ではありません!ちなみに、前年度の購入が一度もなかった場合は、年会費も1350円となります。
 
 

メリット③ Amazonプライム会員を利用している家族、学生アカウントは魅力的

 
Amazonをよく利用する方で、家族に小さい赤ちゃんがいるもしくは学生さんがいる家庭なら、Amazon Student会員やAmazonファミリー会員に登録することをお勧めします。例えば、Amazonファミリー会員になると、おむつがいつでも15%OFF 配送料無料で日時指定も可能になったり、限定セールでベビー用品がさらにお得に購入できたりすることができますきらきらマーク
赤ちゃんのおむつ代って意外と高いので、この15%オフはかなりお得感があります。他にも、ベビーカー5,000円OFF、ベビー寝具4,000円OFF、抱っこひも1,000円OFFほか割引が多数あり、Amazonユーザーで赤ちゃんがいる家庭なら間違いなく利用しない手はありません。

また、Amazon Student会員なら、お急ぎ便使い放題になったり、Amazon.co.jpが販売するすべての書籍が+10%のポイントがついたり(コミック・雑誌を除く)、他にも色んなメリットがありますが、こういった有料会員にせっかく入っているなら、支払いにAmazon Mastercard クラシックを利用する事で、プラス0.5%のポイント還元が付与されるので、さらにカードの魅力が増します。

続いては、メリットばかりではなく、Amazonカードのデメリットについても触れておきたいと思います。
 
 

デメリット① ポイントの有効期限が1年間と短い

 
クレジットカードのポイントの中には、有効期限がないものもありますが、Amazonカードの利用でもらえるポイントには残念ながら有効期限がありますガッカリ
Amazonポイントの有効期限は、Amazon.co.jpでの最終購入日か最終ポイント獲得日のいずれか遅いほうから1年間です。有効期限を迎える前に、再度Amazon.co.jpで注文するかAmazonポイントを獲得すると、そのアカウントのすべてのAmazonポイントの有効期限がその時点から1年間延長されます。

基本的に1年間商品を購入しないということはないと思いますので、実質的にはポイントは無期限になると思われます。ただし、年間を通してショッピングの回数が少ない人は注意が必要かもしれませんね。
 
 

デメリット② その他のポイントサービスに変換できない

 
例えば、楽天カードの利用で貯まる楽天ポイントですが、貯まったポイントは楽天市場、その他楽天サービスで利用することも可能ですし、楽天スーパーポイント2ポイントで、ANAのマイル1マイルに交換することができます。

普段、飛行機をよく利用する方や趣味が旅行という方ならば、このポイントの互換性はうれしいのではないでしょうか。また楽天の場合、ショッピングだけでなく楽天トラベルなどの旅行時にも宿泊やレンタカーなどでもポイントが使えるのが魅力で、Amazonにはないメリットがあります。

もちろん、貯まったポイントはAmazonで利用できればいいという方にはデメリットになりませんが、ポイントの互換性という部分でその他のカードより劣る部分もあります。
 
 

~まとめ~

AmazonカードはまさにAmazonでよくショッピングをする人向けのクレジットカードと言えます。さらに、Amazonプライム会員に登録している人ならさらにもらえるポイントが増えるので、お得にショッピングをすることができます。また、年会費が10,800円かかる「Amazon Mastercard ゴールド」については、ショッピングだけでなく、その他支払いをこのカードで行うくらいにしないとメリットがでない可能性がありますので、ショッピングの回数が少ない、もしくはカードの利用額が少ないと思われる方にはお勧めできません。

クレジットカードの魅力はやはり、支払いの際に付与されるポイントなので、Amazonでショッピングする方は持っておいて損はないと思います。また、クレジットカードは複数所持することができるので、用途に合わせてカードを使い分けるのもテクニックの一つとなります。ネットショッピングでAmazonを使う頻度が高いという人には、持っておいて損はないオススメクレジットカードと言えます。アマゾンのヘビーユーザのあなたなら、十分価値のあるクレジットカードになると思いますので、入会を検討してはいかがですか。
 
 
 
 

Amazon Mastercardクラシックのスペック

 

入会対象者:
満18歳以上の方(高校生は除く。)
未成年の方は親権者の同意が必要です
国際ブランド:
Mastercard
電子マネー:
電子マネーID
(専用カードに限られます。ID一体型のクレジットカードの申込みは不可。)
年会費:
初年度無料。翌年度以降も前年1回以上の利用があれば無料。
利用がない場合の年会費は、1,350円(税込)となります。
ポイント還元率:
●Amazon以外でのお買い物⇒1%
●Amazonでのお買い物1.5%(プライム会員は2.0%)
旅行傷害保険 :
なし
お買い物補償:
年間100万円までのお買物安心保険
海外でのご利用および国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)のご利用のみ対象。
利用可能枠 :
●総利用枠⇒10〜80万円 
●カード利用枠(カードショッピング)⇒10〜80万円
●リボ払い・分割払い利用枠⇒0〜80万円
●キャッシング利用枠⇒0〜50万円
お支払い方法
1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い
お支払い日:
月末締め翌月26日払い。
ETCカード:
追加発行できます。初年度年会費無料。
次年度以降は540円(税込)ですが、前年1回以上ETC利用があれば無料。
備考:
●クレジットカードの発行には所定の審査があります。
●家族カードの発行はできません。

 
 
 
 
 
 

おすすめクレジットカードの最上段へ戻る