Apple Pay(アップルペイ)とは?今さら人には聞けない基礎知識について簡潔に説明します

一時はテレビコマーシャルなどでもバンバン見聞きしていたApple Pay(アップルペイ)なのですが、今ではテレビコマーシャルなどでの露出はだいぶ落ち着きました。露出は落ち着いているものの、Apple Pay(アップルペイ)は確実に世の中に浸透していっていますし、利用者も増えているようです。
 
ただ、中にはまだApple Pay(アップルペイ)がどのようなものなのかわからないという方もいるのではないでしょうか?
一見するとハードルが高そうなイメージなのですが、理解していくととても便利なものであることがおわかりいただけるかと思います。ここでは、改めてApple Pay(アップルペイ)についてご説明していきたいと思います。
 
アップルペイ
 

Apple Pay(アップルペイ)とは?

 
まずは、そもそもApple Pay(アップルペイ)とは何なのかというところからお話ししていきたいと思います。Apple Pay(アップルペイ)についてよく知らないという方の中には、Apple Pay(アップルペイ)という電子マネーがあるものと思っている方も少なくありません。しかしながら、Apple Pay(アップルペイ)は電子マネーではありません。というのも、Apple Pay(アップルペイ)は電子マネーも利用できる電子ウォレット機能なのです。
 
例えば、お財布を持っている方であればそのお財布の中には何枚ものクレジットカードが入っているかと思います。お財布とは別にカードケースを持ち歩いているという方もいるかもしれません。ただ、必要だからとパンパンのお財布とカードケースを持ち歩くのは大変ですし、荷物になってしまいます。
 
しかしながら、Apple Pay(アップルペイ)であればiPhoneひとつで済んでしまうのです。要は、iPhoneの中にクレジットカードが入っているようなものです。iPhoneさえあればクレジットカードも電子マネーも使えるという状態にしてくれるのがApple Pay(アップルペイ)というわけです。
 
では、Apple Pay(アップルペイ)はどのような機種で利用することができるのでしょうか?iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、日本国内で販売されたiPhone 7とiPhone 7 Plusであれば交通機関、店舗、アプリケーション内、ウェブ上とすべてにおいて利用することができます。
 
一方で、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone SEではアプリケーション内とウェブ上のみでの利用となります。また、Apple Watch Series 3、日本国内で販売されたApple Watch Series 2であれば交通機関、店舗、アプリケーション内で利用することができますが、Apple Watch Series 1とApple Watch(第1世代)ではアプリケーション内のみでの利用となります。
 
さらに、iPad Pro、iPad(第5世代)、iPad Air 2、iPad mini 4、iPad mini 3であればアプリケーション内とウェブ上での利用が可能となっており、2012年以降に発売されたMacのモデルではウェブ上のみでの利用となっています。
 
Apple Payが使えるデバイスとその利用可能な場所のイメージ画像
 

Apple Pay(アップルペイ)の設定方法

 
便利なApple Pay(アップルペイ)なのですが、Apple Pay(アップルペイ)を使うためには設定をしなければいけません。ここでは、それぞれの設定方法についてお話ししていきたいと思います。
 
クレジットカードやプリペイドカードを追加する際に必要なものはApple Pay(アップルペイ)に対応しているデバイス、Apple Pay(アップルペイ)に対応しているカード、最新バージョンのiOS、watchOS、macOS、Apple IDです。
 

● iPhoneでApple Pay(アップルペイ)の設定をする場合

 
Wallet を開いて「+」をタップするところから始まり、画面の案内にそって新しいカードを追加していきます。

iTunes で使っているカード、他のデバイスに入っているカード、最近削除したカードを追加するかどうかを確認する画面が表示された場合には、カードを選択後、そのカードのセキュリティコードを入力していきます。

「次へ」をタップしたら、銀行やカード発行元がユーザーの情報を確認し、そのカードがApple Pay(アップルペイ)で使えるかどうかを判断していきます。もしこのときにカードの確認に必要な情報が不足している場合には、その情報の入力が求められることになります。

必要な情報がすべてそろったら、またWallet に戻って、カードをタップしましょう。銀行やカード発行元によるカードの確認が終わり、「次へ」をタップするとApple Pay(アップルペイ)が使えるようになります。
 

● iPadでApple Pay(アップルペイ)の設定をする場合

 
設定から「Wallet と Apple Pay」をタップし、さらに「カードを追加」をタップします。

画面の案内にそって新しいカードを追加していくのですが、もしiTunesで使っているカードや他のデバイスに入っているカード、最近削除したカードを追加するかどうかを確認する画面が表示された場合には、カードを選択後、そのカードのセキュリティコードを入力します。

「次へ」をタップしたら、銀行やカード発行元がユーザーの情報を確認し、そのカードをApple Pay(アップルペイ)で使えるかどうかを判断していきます。このとき、カードの確認に必要な情報が不足している場合には、その情報の入力が求められます。

必要な情報がすべてそろったら、設定から「Wallet と Apple Pay」に戻って、カードをタップします。銀行やカード発行元によるカードの確認が終わり、「次へ」をタップすればApple Pay(アップルペイ)が使えるようになります。
 

● Apple Watch でApple Pay(アップルペイ)の設定をする場合

 
iPhoneで Apple Watch Appを開いたら、「マイウォッチ」タブを表示し、「Wallet と Apple Pay」をタップします。

このまま画面の案内にそってカードを追加していくのですが、このときにiTunesで使っているカードや他のデバイスに入っているカード、最近削除したカードを追加するかどうかを確認する画面が表示された場合にはカードを選択後、そのカードのセキュリティコードを入力していきます。

「次へ」をタップすると、今度は銀行やカード発行元がユーザーの情報を確認し、そのカードをApple Pay(アップルペイ)で使えるかどうかを判断していくことになります。もしカードの確認に必要な情報が不足している場合は、その情報の入力が求められることになります。

必要な情報をすべてそろえたら、「Wallet と Apple Pay」に戻って、カードをタップします。銀行やカード発行元によるカードの確認が終わり、「次へ」をタップしたらApple Pay(アップルペイ)が使えるようになります。
 

● MacでApple Pay(アップルペイ)の設定をする場合

 
Touch IDを搭載した MacBook Proであれば、システム環境設定から「Wallet と Apple Pay」を選択し、「カードを追加」をタップします。

画面の案内にそって新しいカードを追加するのですが、もしiTunesで使っているクレジットカードを追加するかどうかを確認する画面が表示された場合にはそのカードのセキュリティコードのみ入力します。

「次へ」をタップすると、今度は銀行やカード発行元がユーザーの情報を確認し、そのカードをApple Pay(アップルペイ)に追加できるかどうかを判断していくことになります。

カードの確認に必要な情報が不足している場合にはその情報の入力を求められることになりますので、必要な情報がすべてそろってから設定から「Wallet と Apple Pay」に戻ってカードをタップします。

銀行やカード発行元によるカードの確認が終わり、「次へ」をタップすればApple Pay(アップルペイ)が使えるようになります。ちなみに、Touch ID が搭載されていないMacの場合、Apple Pay(アップルペイ)対応のiPhoneやApple Watch上でApple Pay(アップルペイ)の購入手続きを完了させます。このとき、あらかじめiPhoneの設定から「Wallet と Apple Pay」を選択し、「Mac での支払いを許可」をオンにしておく必要がありますので注意しておきましょう。
 
 
上記ではクレジットカードやプリペイドカードを追加する場合の方法をお伝えしましたが、今度はSuicaを追加する方法についても触れておきたいと思います。
 
iPhone上でApple Pay(アップルペイ)にプラスチックカードのSuicaを追加する場合には、日本国内で購入したiPhone 7またはiPhone 7 Plus (モデル A1779 および A1785)、iPhone 8またはiPhone 8 Plus、iPhone X、最新バージョンの iOS、デバイスの地域が日本に設定されていること、無記名式のSuica、記名式のMy Suica、または Suica 定期券のプラスチックカードが必要になります。
 
Wallet Appを開いて「+」をタップし、さらに「次へ」を、続いて「Suica」をタップします。

プラスチックカードの裏面に記載されているカード番号の下4桁を「カード番号」欄に入力し、My Suicaや Suica 定期券の場合には購入時に入力した生年月日を入力します。

「次へ」をタップして利用条件を読み、同意できる場合には「同意する」をタップし、iPhoneの上部をカードの中央部の上に置きます。しばらくそのままにして、残高の転送が完了するまで待ちます。

転送が完了したら、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone XでSuicaが使えるようになります。
 
プラスチックのカードはもう使えないので、処分しても問題はありません。もちろん、プラスチックカードでなく、JR 東日本のSuica AppでSuicaを新規作成してWalletに追加することもできます。
 
プラスチックカードのSuicaをApple Watchに追加する場合には、日本国内で購入したApple Watch Series 2またはApple Watch Series 3、日本国内で購入したiPhone 7またはiPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X3、最新バージョンの watchOSが必要になります。
 
iPhone 上でApple Watch Appを開き、「Wallet と Apple Pay」から「カードを追加」をタップします。あとは、画面の案内にそっての操作でOKです。ちなみに、JR 東日本のSuica AppでSuica を新規作成してApple Watch に追加することもできます。iPhone 5以降のものにSuica Appをインストールし、開いたSuica AppでSuica を新規作成し、Apple Watch Series 2またはApple Watch Series 3に転送すればSuicaが使えるようになります。
 
iPhoneからApple WatchへSuicaを転送する場合には、iPhoneでWatch Appを開き、「マイウォッチ」をタップし、さらに「Wallet と Apple Pay」をタップします。下にスクロールして、Apple Watchに転送したいSuicaを表示し、カードの横にある「追加」ボタンをタップすればOKです。もちろん、Watch Appを使ってSuicaをiPhoneに戻すこともできます。
 
 

Apple Pay(アップルペイ)の使い方

 
Apple Pay(アップルペイ)の使い方なのですが、まずはSuicaを使う場合です。交通機関で使う際には、iPhoneの上側を読み取り部にかざすだけです。かざすものがiPhoneになるだけです。お店でSuicaを使う際には、Suicaのマークがあることを確認して、お店の人にSuicaで支払うことを伝えます。あとは、iPhoneの上側をリーダーにかざすだけです。

 
次に、Touch IDでクレジットカードやプリペイドカードを使って支払う場合です。その際には、Apple Pay(アップルペイ)、iD、QuicPayのいずれかのマークがあることを確認します。あとはお店の人にiDかQuicPayで支払うことを伝え、Touch IDに自分の指を乗せて、iPhoneの上側をリーダーにかざすだけです。
 
続いて、Face IDでクレジットカードやプリペイドカードを使って支払う場合です。同じようにApple Pay(アップルペイ)、iD、QuicPayのいずれかのマークがあることを確認します。あとはお店の人にiDかQuicPayで支払うことを伝え、サイドボタンをダブルクリックし、スクリーンを見て、iPhoneの上側をリーダーにかざすだけです。
 
アプリケーション内での支払いやウェブ上での支払いの際には、基本的にApple Pay(アップルペイ)をタップするだけでOKです。画面の表示に従っていけばいいだけなので、難しいこともありませんし、何よりも時間がかかりません。
 
 

Apple Pay(アップルペイ)が使えるお店

 
Apple Pay(アップルペイ)が使えるお店についてですが、基本的にはApple Pay(アップルペイ)、iD、QuicPay、Suicaのマークがある場所であればどこでも使えるようになっています。
こnマークがある場所であればどこでも使える
 
実店舗であれば、イオン、エディオン、ココカラファイン、コジマ、すかいらーく、すき家、セブンイレブン、ソフマップ、ツタヤ、ビックカメラ、ファミリーマート、マクドナルド、マツモトキヨシ、ミニストップ、ユニクロ、ローソンといったものが挙げられます。
Apple Pay(アップルペイ)が使えるお店
 
アプリケーションやウェブサイトでは、GU、じゃらん、出前館、BASE、minne、Yahoo!ショッピング、ユニクロといったものが挙げられます。
実店舗、アプリケーション、ウェブサイトともにかなりの大手で、かつ、身近なところでApple Pay(アップルペイ)が使えるのです。Apple Pay(アップルペイ)は思っている以上に普及しているのです。
 

Apple Pay(アップルペイ)に対応しているクレジットカードは?

 
Apple Pay(アップルペイ)は、主要な銀行やカード発行元から発行されている多くのクレジットカードやプリペイドカードに対応しています。
対応しているカードを Apple Pay に追加すれば、これまでと同じようにカードのポイントをためたり特典や補償を受けたりできます。
 

Apple Pay(アップルペイ)に対応しているクレジットカード一覧
•三井住友カード •楽天カード •ライフカード •クレディセゾン •イオンカード •エポスカード •ワイジェイカード •セブン CS カードサービス •JCB •KDDI (au WALLET カード) •三菱 UFJ ニコス ※3 •NTT ドコモ (dカード)•American Express •髙島屋クレジットカード •三井住友銀行※1 •三井住友トラスト・カード※1 •秋田国際カード •秋田ジェーシービーカード •アプラス •セディナ •ちばぎんジェーシービーカード •中部しんきんカード •中国しんきんカード •中京カード※1•第四ジェーシービーカード •大和ハウスフィナンシャル •道銀カード※1 •東日本旅客鉄道 •愛媛ジェーシービー •フィデアカード※1 •福井カード※1 •東日本銀ジェーシービーカード •肥銀カード※1 •ひろぎんカードサービス※1 •北陸カード※1 •出光クレジット •ジャックス •ゆうちょ銀行※1 •JFR カード※ •十八カード※1 •十六カード※1 •鹿児島カード※1 •近畿しんきんカード※1 •きらぼし JCB※1 •きらやかカード※1 •高知カード※1 •京銀カードサービス※1 •共立クレジット※1 •九州しんきんカード※1 •みちのくカード※1 •みなとカード※1 •宮銀カード※1 •もみじカード※1 •むさしのカード※1 •名古屋カード※1 •名古屋エム・シーカード※1 •南都カードサービス※1 •北洋銀行※1 •おきぎんジェーシービー •オリエントコーポレーション •ペルソナ※1 •ポケットカード •りそなカード •札幌北洋カード※1 •住信 SBI ネット銀行 •池田泉州 JCB •池田泉州 VC※1 •セブン・カードサービス※1 •四国しんきんカード※1 •しんきんカード※1 •静銀セゾンカード •商工中金カード※1 •ソフトバンク・ペイメント・サービス •スルガカード※1 •たいこうカード •百十四ジェーシービーカード •七十七カード※1 •秋田銀行※1 •青森銀行※1 •足利銀行※1 •阿波銀カード※1 •福岡銀行※1 •京都銀行※1 •佐賀銀行※1 •横浜銀行※1 •千葉銀行※1 •筑邦銀行※1 •中銀カード (JCB カードのみ) •中国銀行※1 •第四銀行※1 •大東クレジットサービス※1 •FFG カード※1 •福井銀行※1 •群銀カード※1 •群馬銀行※1 •広島銀行※1 •北國銀行※1 •北国クレジットサービス※1 •北越カード※1 •北都銀行※1 •百十四銀行※2 •いわぎんクレジットサービス •伊予銀行※2 •常陽銀行※1 •関西クレジット・サービス※1 •京葉銀カード※1 •紀陽カード※1 •九州カード※1 •三重銀カード※1 •大分カード※1 •山陰合同銀行 •しがぎんジェーシービー •四国銀行※1 •清水リース&カード •静岡銀行※1 •荘内銀行※1 •但馬銀行※1 •とちぎんカード・サービス※1 •東邦銀行※1 •東邦クレジットサービス※1 •東京都民銀行 •やまぎんカードサービス※1 •山口銀行※1 •東邦カード※1 •東北ジェーシービーカード •東北しんきんカード※1 •東京クレジットサービス※1 •トモニカード※1 •とりぎんカードサービス※1 •東和カード※1 •トヨタファイナンス •筑波銀行※1 •ユーシーカード (クレディ・セゾンカードのみ) •UCS •ビューカード •西日本旅客鉄道 (J-WEST カード) •やまぎんカード※2 •ゆめカード
 
※1 UC カードと American Express (アメリカン・エキスプレス) カードは Apple Pay に対応していません。
※2 DC カード、UC カード、American Express (アメリカン・エキスプレス) カードは Apple Pay に対応していません。
※3 JCB カードと American Express (アメリカン・エキスプレス) カードは Apple Pay に対応していません。

店舗での支払い (QUICPay または iD) に Apple Pay を使うには、クレジットカード/プリペイドカードを iPhone 7 以降や Apple Watch Series 2 以降の Apple Pay に追加します。JCB、Mastercard (マスターカード)、American Express (アメリカン・エキスプレス) のカードは、iPhone 6 以降のデバイスに追加して App 内や Web 上での支払いにも使えます。つまり、VISAブランドはApple Payに対応したアプリケーションやオンラインショッピングの支払いには使えないことになります。尚、VISAブランドのカードでもApple PayでiDやQUICPayといった電子マネーで、店頭での決済をすることができます。

 
◎上記の事を鑑みると、Apple Pay(アップルペイ)と最も相性が良いのは『Mastercard (マスターカード)』と言えるでしょう。Apple Pay(アップルペイ)を利用するためにクレジットカードを作ろうと考えている人には、Mastercardブランドでクレジットカードを作ることをおすすめします

 
 

~まとめ~

電子マネーの一種と間違えられやすいApple Pay(アップルペイ)なのですが、正確には電子マネーも使える電子ウォレット機能のことを指します。Apple Pay(アップルペイ)を利用するためには設定をしなければいけないのですが、その設定というのも難しくはありません。
 
基本的には画面の指示通りに操作していけば、Apple Pay(アップルペイ)を使えるようになります。交通機関で使うにしても、実店舗で使うにしても、アプリケーション内やウェブ上で使うにしても本当に簡単でスピーディーです。身近なところで使えるようになっているので、是非Apple Pay(アップルペイ)を活用していきましょう。
 
 
注目マーク当サイトがおすすめする『Apple Pay(アップルペイ)も利用できるクレジットカード厳選5枚』をチェックしてみる詳細はこちら
 
 
 

おすすめクレジットカードの最上段へ戻る