楽天ゴールドカードって普通の楽天カードと何が違うの?楽天ゴールドカードを選んでおいた方がいい人の特徴とは

テレビコマーシャルでもお馴染みの楽天カードなのですが、実は楽天カードにもいろいろな種類があります。そのひとつが楽天ゴールドカードです。やはり楽天カードというと普通の楽天カードのイメージが強いかと思いますが、楽天ゴールドカードもなかなかのポテンシャルを秘めています。
 
初めてのゴールドカードにおすすめの楽天ゴールドカード
 
では、楽天ゴールドカードと普通の楽天カードにはどのような違いがあるのでしょうか?ここでは楽天ゴールドカードと普通の楽天カードの違いに加えて、楽天ゴールドカードを選んでおいたほうがいい方の特徴についても触れていきたいと思います。
 
 

楽天ゴールドカードと普通の楽天カードの違いその1:基本スペック

 
まずは、楽天ゴールドカードと普通の楽天カードにおける基本的なスペックの面での違いを見ていきたいと思います。
 
基本スペックとして最初に挙げられるのが年会費です。年会費に関しては普通の楽天カードが永年無料となっているのに対して、楽天ゴールドカードは2200円(税込み)の年会費がかかります。年会費がかかるという部分がネックになるかもしれませんが、2000円台の年会費でゴールドカードが持てるというのは大きな魅力になってくるかと思います。
 
年会費に関してはETCの年会費と家族カードの年会費も忘れてはいけません。普通の楽天カードの場合、ETCカードは年会費550円(税込み)、家族カードは年会費無料となっています。一方で、楽天ゴールドカードの場合、ETCカードは年会費無料、家族カードは年会費550円(税込み)となっています。ちょうどあべこべになっているような感じです。
 
余談ですが、普通の楽天カードを愛用している私は、年会費550円(税込み)を払ってETCカードを保有しています。ちょっとだけ羨ましいぞっ衝撃ドン
楽天ポイントが貯まるETCカード
 
国際ブランドに関しては、楽天カードがMastercard、American Express、VISA、JCBになっているのに対して、楽天ゴールドカードがMastercard、VISA、JCBとなっています。楽天ゴールドカードのほうが国際ブランドは少ないものの、そう困るレベルではないかと思います。
 
あとは、利用可能額です。楽天カードは最高で100万円なのに対して、楽天ゴールドカードは最高で200万円となっています。もちろん、どちらも独自の審査基準によって利用可能額が決められることになるのですが、やはり利用可能額が高いと大人の余裕を感じられますよね!
 
 

楽天ゴールドカードと普通の楽天カードの違いその2:特典やサービス

 
次は、特典やサービスの面で楽天ゴールドカードと普通の楽天カードの違いを見ていきましょう。
 
普通の楽天カードにはなくて、楽天ゴールドカードについているサービスとして最初に挙げられるのが国内空港ラウンジや一部の海外空港ラウンジが年間2回まで無料で利用できるというものです。利用の際には空港ラウンジにて楽天ゴールドカードと当日航空券もしくは半券を提示してください。毎年9月1日から翌年8月31日を1年間とし、この期間中に2回まで無料で利用できるようになっています。

国内空港ラウンジが年間2回まで無料で利用できる※空港ラウンジはイメージです

ちなみに、利用できる空港は北海道の新千歳空港、函館空港、旭川空港、東北の青森空港、秋田空港、仙台国際空港、北陸の新潟空港、富山空港、小松空港、関東の成田国際空港、羽田空港(羽田空港国際線旅客ターミナルのラウンジは利用不可)、中部の中部国際空港セントレア、富士山静岡空港、近畿の関西国際空港、伊丹空港、神戸空港、中国地方の岡山空港、広島空港、米子鬼太郎空港、山口宇部空港、出雲縁結び空港、四国地方の高松空港、松山空港、徳島阿波おどり空港、九州の福岡空港、北九州空港、大分空港、長崎空港、阿蘇くまもと空港、鹿児島空港、沖縄の那覇空港、海外だとハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港、韓国の仁川空港となっています。
 
同じく普通の楽天カードになくて楽天ゴールドカードについている特典としては、トラベルデスクも挙げられます。ニューヨークやホノルル、パリ、ミラノ、上海など世界38拠点の現地デスクが旅のサポートをしてくれます。パスポートやカードの紛失・盗難、病気や怪我など緊急時の各種案内はもちろん、都市・観光情報などの紹介、レストランやオプショナルツアーの予約などの各種予約・手配もおこなってくれます。いざというときに頼りにできる存在がいるというだけで、海外でも快適に過ごすことができるでしょう。
 
また、楽天ゴールドカードにも普通の楽天カードにも共通しているものの違いがあるという部分もあります。それがSPUです。SPUというのは、「Super Point Up Program(スーパーポイントアッププログラム)」のことです。普通の楽天カードを使って楽天市場でお買い物をした場合、ポイントは最大で3倍になります。それに対して、楽天ゴールドカードを使って楽天市場でお買い物をした場合、ポイントは最大で5倍になります。言うまでもなく、楽天ゴールドカードのほうがポイントが貯まりやすいです。
楽天市場のお買い物がポイント最大5倍
 
あとは、地味なポイントになってくるのですが、楽天ゴールドカードと普通の楽天カードでは明細書発行費用にも違いがあります。楽天には「楽天e-NAVI」というものがありますので、WEB明細サービスを利用することができます。ただ、やはり明細書は紙でほしいという方も多いでしょう。楽天では紙の明細書も発行しているのですが、普通の楽天カードだと明細発行費用として84円(税込み)がかかることになります。一方で、楽天ゴールドカードだと明細書発行費用はかかりません。つまり、無料で紙の明細書を利用できるわけです。これも楽天ゴールドカードの魅力のひとつです。
 
 

楽天ゴールドカード楽天プレミアムカードのスペックを比較

 

楽天ゴールドカード楽天ゴールドカード 楽天プレミアムカード楽天プレミアムカード
国際ブランド MasterCard・JCB・Visa AMERICAN EXPRESS・MasterCard・JCB・Visa
年会費 2,200円(税込) 11,000円(税込)
家族カード年会費 一人につき年会費550円(税込)。
※一部、家族カードの取り扱い対象外カードがあります。
※国際ブランドは、本会員カードと同じブランドでの発行となります。
※本会員カード1枚につき、家族カードの発行可能な枚数は『お申し込み中』・『発行手続き中』のカードも含み5枚までとなります。
※楽天プレミアムカード・楽天ゴールドカードの家族カード申し込みについて、全て楽天Edy機能付帯となりますので、本会員の付帯状況と異なる場合があります。
ETCカード年会費 無料 ※通常550円(税込)
ポイント還元率(楽天市場) ポイント最大5倍
ポイント還元率(楽天市場以外) 100円につき1ポイント
海外旅行保険 利用付帯(最高2,000万円) 自動付帯(最高5,000万円)
国内旅行保険 自動付帯(最高5,000万円)
国内旅行傷害保険については、「楽天保険の総合窓口安心ダイヤル」までお問い合わせください。
●楽天保険の総合窓口あんしんダイヤル
TEL 0120-120-555(24時間365日受付)
※携帯電話、PHSからも利用可能です。
※国内旅行傷害保険は、楽天プレミアムカード会員・楽天ブラックカード会員のみ対象となっております。
国内空港ラウンジの利用 年2回まで無料 無料
デザインの種類 通常デザイン

 
 

楽天ゴールドカードを選んでおいたほうがいい人の特徴

 
では、楽天ゴールドカードを選んでおいたほうがいい方の特徴としてはどのようなものが挙げられるのでしょうか?
 
なにはともあれ、楽天市場でよくお買い物をする方です。楽天ゴールドカードでは2200円(税込み)の年会費がかかるのですが、この年会費の元が取れるだけのポイントをゲットできればいいわけです。幸いなことに楽天ゴールドカードであればSPUでゲットできるポイントも最大で5倍になりますので、より多くのポイントをゲットすることができますピースサイン
 
例えば、月に10,000円分くらいのお買い物を楽天市場でするという方であれば、年会費分のポイントは余裕で確保できます。年会費以上のポイントもゲットできるので、楽天市場で定期的にまとまったお買い物をする方は楽天ゴールドカードを持っておいて損はないでしょう。
 
ちなみに、これはレアーな事例ですが、最近ではポイントせどりと呼ばれるポイント分を利益に含ませるせどりを副業でやっている方もいます。楽天ゴールドカードはそういったポイントせどりにも使えますので、楽天市場で仕入れをしてその支払いのときにクレジットカードを使うという方にもおすすめです。
 
また、日本国内の主要空港をよく利用する方にも楽天ゴールドカードはおすすめです。国内の主要空港で空港ラウンジの利用が無料になりますし、楽天トラベルのポイント還元率も2%となっています。ETCカードの年会費が無料となっているところまで加味すると、日本国内の主要空港を利用する方だけではなく、国内旅行や国内での出張が多い方にもおすすめできると言えるでしょう。
 
もちろん、楽天ゴールドカードは海外でも役立ってくれるのですが、海外旅行保険の条件は一般的なカードとそう変わりがありませんので海外旅行や海外への出張が多い方はまた別で考えたほうがいいかもしれません。
 
あとは、手軽にゴールドカードを持ちたいという方にもおすすめです。楽天ゴールドカードはゴールドカードでありながら、その年会費は2200円(税込み)と良心的です。
 
キャッシュレス化が進んでいる今の日本ではクレジットカードは持っていて当たり前のものとなっていますし、そういったクレジットカードの中でもステータス性といったものが求められる傾向があります。知名度の高い楽天のゴールドカードということであれば、ステータス性の面でもバッチリでしょう。
 
このように、楽天ゴールドカードは楽天市場を含めて楽天関連サービスをよく利用する方や国内の主要な空港を利用する方、国内旅行や国内での出張が多い方、手軽にゴールドカードを持ちたい方におすすめできると言えるでしょう。万人受けするクレジットカードという感じではなく、ハマる人にはハマるという感じのクレジットカードと言えそうです。
 
 

~まとめ~

テレビコマーシャルの影響もあってか、やはり楽天カードというと普通の楽天カードの印象が強いかと思います。ただ、楽天カードにもいろいろな種類があって、中でも楽天ゴールドカードというのは思っている以上のポテンシャルを秘めています。
 
基本的なスペックでも普通の楽天カードとは違いがありますし、普通の楽天カードにはなく楽天ゴールドカードだからこそ得られる特典やサービスも少なくありません。ネックとなる部分がないわけではないのですが、それをしっかりと他のところでカバーしている感じです。万人受けするクレジットカードではないものの、楽天ゴールドカードは楽天市場を含めて楽天関連サービスをよく利用する方や国内の主要な空港を利用する方、国内旅行や国内での出張が多い方、手軽にゴールドカードを持ちたい方は持っておいて損はないかと思います。
 
 
 

楽天ゴールドカードのお申込みはコチラからどうぞ!
楽天ゴールドカードのお申込みはコチラ( 公式サイトの申込みページへ移動します

 
 
 
 

このページに関連する記事: