『三井住友VISAデビュープラスカード』が新社会人の定番カードと言われている理由とは

新社会人と同時にスタートするのが新生活です。新社会人となったからには、問題なく自分の力で新生活を送っていきたいところです。ただ、そこで必要になってくるのはやはりお金です。新社会人としてお給料を稼いだら、そのお給料の中からやりくりをしていくことになります。
 
もちろん、今はキャッシュレス化が進んでいますので現金だけではなく、クレジットカードでの支払いといったものも必要になってきますし、それを実践していったほうがスマートでもあります。そのためにもクレジットカードを持っておきたいのですが、さまざまなクレジットカードがある中で新社会人の方にとって定番と言われているのが「三井住友VISAデビュープラスカード」です。ここでは、その理由に迫っていきたいと思います。
 
新社会人の定番カードと言えば『三井住友VISAデビュープラスカード』です
 

信頼性やステータス性もバッチリ!

 
三井住友VISAデビュープラスカードが新社会人の定番カードと言われている理由として、まず挙げられるのがその信頼性やステータス性です。新社会人と学生さんとでは、やはり立場が違いますし、背負う責任の重さも異なってきます。だからこそ、新社会人が持つのであれば新社会人にふさわしい信頼性やステータス性のあるクレジットカードであることが望ましいのです。変な言い方になりますが、あえて学生時代との差別化を図ることによって新社会人としての自覚をより強く持つことができるのかもしれません。
 
三井住友VISAデビュープラスカードは名前の通りVISAカードなのですが、このVISAカードは世界200以上の国と地域で利用可能となっており、信頼のクレジットカードと言っても過言ではないでしょう。VISAブランドは世界No.1シェアで、クレジットカードの売上高の世界シェアはVISAが58%も占めているのです。だからこそ、日本国内はもちろん、世界でも通用するクレジットカードなのです。しかも、三井住友カードは1980年の2月に日本で初めてのVISAカードとして、国内外共通の住友VISAカードを発行したことでも知られています。日本のVISAカードの歴史は三井住友カードの歴史でもあるのです。
 
さらに、三井住友VISAデビュープラスカードは万一の紛失・盗難による不正利用を補償してくれます。インターネットショッピングでも安心ですし、年間最高100万円のお買物安心保険も付帯していますので安心して使っていくことができます。ただ、海外での利用および国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)の利用のみ対象となりますので、その点は注意しておきましょう。
また、三井住友VISAデビュープラスカードはICチップ搭載で高セキュリティのクレジットカードでもあります。偽造が困難だからこそ、不正利用も未然に防ぐことができるのです。万が一の不正利用があったとしても、先でお話しましたように補償がありますので安心です。
 
そして、三井住友VISAデビュープラスカードであれば同時申込のiDならかざすだけで簡単にクレジット払いができるようになっています。毎日の何でもないお買物でもポイントがたまりますし、一部で暗証番号の入力が必要な場合もありますが、基本的にはチャージ不要の電子マネーiDではサイン不要となっています。
 
このように三井住友VISAデビュープラスカードならではの安心や安全、利便性といったものは信頼性につながってきますし、世界No.1シェアのVISAブランドのクレジットカードであるという部分でステータス性もバッチリです。まさに新社会人にふさわしく、新社会人に箔をつけてくれるクレジットカードであると言えるのではないでしょうか。
 
 

年会費実質無料でお財布にも優しい!

 
新社会人でいきなり高給取りというのはそうそうありません。特に、今の時代、「景気の回復」というのは表面的な言葉だけで、実際にはずっと不景気の状態が続いています。それゆえに、新社会人のお給料というのもそこまで期待できません。ただ、だからといって安易に親御さんなどに頼っていたのでは学生時代と何ら変わりありません。もちろん、親御さんに頼るのが親孝行になることもあるかもしれませんが、せっかく新社会人としてのスタートを切ったのであれば、できるだけ自分の力で新生活を乗り越えていきたいところです。しばらくはやはり節約を強く意識することになるでしょう。
 
そういった中で、クレジットカードの年会費というのは結構な打撃となります。しかも、クレジットカードの年会費というのは忘れた頃にやってくるので「年会費のお金が足りない!」ということにもなりかねません。しかしながら、三井住友VISAデビュープラスカードであれば初年度は年会費無料となっていますし、翌年度以降も年会費は実質無料となっているのです。
 
ここで、翌年度以降も年会費は実質無料という部分が気になってくるかと思います。
 
三井住友VISAデビュープラスカードであれば、前年1回以上の利用があれば、それだけで翌年度以降も無料になるのです。三井住友VISAデビュープラスカードを持つ以上、誰もが何かしらの支払いで使うことになるでしょう。だからこそ、実質無料ということになっているのです。仮に、翌年度以降利用がなかったとしても年会費として請求されるのは1250円+税となっていますので、良心的です。ただ、年会費を無料にするためにもせっかく三井住友VISAデビュープラスカードを持つのであれば、積極的に使っていくようにしたいところです。
 
 

ポイントがザクザクたまる!

 
三井住友VISAデビュープラスカードが新社会人の定番カードと言われている理由としては、ポイントも挙げられます。というのも、三井住友VISAデビュープラスカードはとてもポイントがたまりやすいクレジットカードでもあるのです。
今の時代、三井住友VISAデビュープラスカードに限らず、クレジットカードにおいてはポイント還元というものが重視される傾向にあります。要は、そのクレジットカードを使ってどれだけお得になるのかという部分が重視されているのです。何かと大変な新社会人だからこそ、ポイント還元でどれだけお得になるのかというのは特に重要です。危ないところをポイントに助けられるということもあるかもしれません。
 
では、三井住友VISAデビュープラスカードではどれくらいのポイントがたまるのでしょうか?三井住友VISAデビュープラスカードでは基本的に消費税などを含む毎月の利用金額の合計1000円ごとに2ポイントたまるようになっています。入会後3か月はこれが5ポイントになり、マイ・ペイすリボの登録で3ポイントとなります。
 
ただ、それだけではありません。特定店舗での利用であれば、いつでも250円の利用ごとに+1ポイントがたまるようになっているのです。特定店舗というと「どうせ普段あんまり使わないところでしょ?」と思う方もいるかもしれませんが、この特定店舗というのがセブンイレブンやファミリーマート、ローソン、マクドナルドなのです。新社会人に限らず、おそらく多くの方がお世話になっている店舗なのではないでしょうか?一部ポイント付与の対象外となる店舗が出てくることもあるのですが、基本的にはこれらの店舗であれば250円の利用ごとに+1ポイントとなると考えていいでしょう。
ちなみに、三井住友VISAデビュープラスカードでたまったポイントは他のポイントやギフト券などに交換することができます。レートや使いやすさを考慮して、ザクザクためたポイントをうまく活用していくようにしたいものです。
 
 

将来的にゴールドカードを持てる!

 
新社会人になると、漠然とゴールドカードなどのより上位のカードを持ちたいという気持ちも出てくるかと思います。実は、三井住友VISAデビュープラスカードであれば将来的にゴールドカードを持てるようになっており、そこが新社会人の定番カードになっている理由のひとつでもあるのです。
 
三井住友VISAデビュープラスカードであれば満26歳になった後の最初のカード更新時から、ゴールドカードと同じレベルのサービスを提供する20代限定のプライムゴールドカードにランクアップするのです。ランクアップの際には「継続サンクスポイント」として200ポイントがプレゼントしてもらえます。
お金持ちしか持てないイメージのあるゴールドカードですが、三井住友VISAデビュープラスカードであれば若くしてゴールドカードを持てるようになるのです。これは大きな魅力です。社会人としてのモチベーションアップにもつながってくるのではないでしょうか?
 
 

~まとめ~

三井住友VISAデビュープラスカードが新社会人の定番カードとなっている理由についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?三井住友VISAデビュープラスカードは信頼性やステータス性も持ち合わせていますし、それでいて年会費も実質無料です。
 
使えば使うほどザクザクとポイントはたまっていきますし、そのポイントを別のポイントやギフト券などに交換することもできます。そして、三井住友VISAデビュープラスカードであれば若くしてゴールドカードを持てるようになるのです。まさに三井住友VISAデビュープラスカードは新社会人にぴったりのクレジットカードと言えるでしょう。
 
 

カードのお申込みはコチラからどうぞ!

三井住友VISAデビュープラスカードへの入会はこちらからどうぞ

※公式サイトのお申し込みページへアクセスします詳細はこちら

 
 
 
 
注目マークこのページに訪れた人がよく見ているページ:

 
 
 
☆26歳以上の方は、『三井住友VISAカード(クラシックカード)』がおすすめです! 詳しくはコチラ 詳細はこちら