主婦の方でもOK!『マジカルクラブTカードJCB』のメリット・デメリットーまとめ

ご存知のように、日本でもキャッシュレス化がどんどん進んでいます。もちろん、現金主義の方もまだまだ多いでしょうが、キャッシュレス化が進んでいく中でキャッシュレスのほうがお得になりつつあります。その代表格とも言えるのがクレジットカードです。実際に、クレジットカードを使うことによってお得になるケースは思っている以上に増えているのです。ただ、一口にクレジットカードと言ってもいろいろなものがあります。ここでは、数あるクレジットカードの中でも特に主婦の方におすすめな「マジカルクラブTカードJCB」についてご紹介していきたいと思います。
マジカルクラブTカードJCBのイメージ画像
 
 

マジカルクラブTカードJCBのメリット

マジカルクラブTカードJCBとは?

まずは、マジカルクラブTカードJCBがどのようなクレジットカードなのかについてお話していきましょう。マジカルクラブTカードJCBというのは、ニッセン・クレジットサービス株式会社が発行しているクレジットカードです。JCB加盟店での利用やTポイント提携先でもTポイントがどんどん貯まるというお得なクレジットカードとなっています。
 
貯まったTポイントは1ポイント=1円として、1ポイントから使うことができますし、入会金や年会費は永年無料で、カードの有効期限更新の際の手数料も不要ととてもハードルの低いクレジットカードでもあります。
マジカルクラブTカードJCBへの申込みの際の条件は以下となっています。

  • 20歳以上の方
  • 安定した収入のある方
  • 電話連絡が可能な方
  • 日本国籍の方もしくは永住権を持っている方
  • 日本在住で日本語の読み書きができる方

もちろん、安定した収入のある方であれば主婦の方、パート・アルバイトの方でもOKとなっています。だからこそ、主婦の方におすすめできるのです。
 
 

Tポイントがどんどん貯まる

マジカルクラブTカードJCBのメリットとなってくるのは何と言ってもTポイントです。というのも、マジカルクラブTカードJCBではTポイントがザクザクと貯まるようになっているのです。おそらく通販のニッセンをきっかけにマジカルクラブTカードJCBの存在を知ったという方が多いかと思います。
主婦にもおすすめ!通販のニッセン
実はニッセンはかつてTポイントが使えるサイトでしたが、ニッセンにおけるTポイントサービスは2017年に終了してしまい、これにショックを受けた方は多かったでしょう泣き顔
ただ、Tポイントサービスの終了と入れ替わるように、マジカルクラブTカードJCBでTポイントが貯まるようになりましたピースサイン
 
もちろん、マジカルクラブTカードJCBはニッセンに限らずいろいろなところでTポイントが貯まるようになっています。JCB加盟店での利用で200円につきTポイントが1ポイント貯まるようになっており、Tポイント提携先での利用であればショッピングポイントとしてTポイントがダブルで貯まるようになっています。
 
提携先によっては100円につきTポイントが1ポイント貯まるようなところもあります。さらに、1か月3万円以上の利用でTポイントが2倍貯まるようになります。毎月11日から翌月10日の間にマジカルクラブTカードJCBで3万円以上の利用があれば、どこでもTポイントが2倍となります気分上々
 
ちなみに、同じTポイントでもマジカルクラブTカードJCBで貯まるTポイントというのは3種類あります。クレジット払い200円につき1ポイント貯まるクレジットポイント、カードの特典や期間限定のキャンペーンなどで貯まるキャンペーンポイント、現金やクレジットなどの支払い方法に関係なくTポイント提携先でのお買い物で貯まるショッピングポイントです。それぞれで付与されるタイミングが異なることもありますので、その点は注意しておきましょう。
 
貯まったTポイントの使い道もかなり充実しています。
例えば、Tポイントを貯めることも使うこともできる提携先としては、Yahoo!JAPANやFamilyMart、ウエルシアドットコム、ENEOS、ガスト、バーミヤン、ジョナサン、夢庵、TSUTAYA、SOFTBANK、ヤマト運輸、牛角、洋服の青山、カメラのキタムラ、スタジオマリオ、眼鏡市場、ドラッグイレブン、EDION、吉野家、出前館、DOUTOR、食べログ、LOTTERIA、新星堂、Asics、シャディ、サラダ館、東武ストア、スーパーヤオマサ、VOLKS、はせがわ、レッドキャベツ、ふく薬局、大阪王将、Ameba、マイナビ、スナップスナップ、NET OFF、スルガ銀行などが挙げられます。これでも一部に過ぎないのですが、1ポイント=1円として使うことができます。
 
一方で、Tポイントを貯めることのできる提携先としては、ENEOSでんきやTSUTAYAネット買取、TSUTAYAスマホ・タブレット買取、アプラス、三井のリパーク、毎日新聞、Shufoo!、SMBC三井住友カード、伊藤忠エネクスグループ、ギフトランド、ふるまる、LIXIL、YKK ap、得タク、青森銀行、常陽銀行、西部ガス、福邦銀行、楽天Edy、東急ホテルズ、美容室スタイルデザイナー、仙台銀行、東京無線、興能信用金庫、但馬銀行、長野県信用組合、きらやか銀行、足利銀行、新生銀行、宮崎太陽銀行、琉球銀行、おきなわ津梁ネットワーク、武雄市図書館、高梁市図書館などが挙げられます。もちろん、これも一部に過ぎません。
 
他にもTポイントはANAマイルに交換することもできますし、Tサイトでいろいろな商品に交換することもできます。Tポイントを使ってプレミアムグッズやイベントが当たる抽選に応募したり、先着でお得なクーポンやグッズと交換したりすることもできるのです。
 
Tポイントが貯まるのは税込金額に対してですし、Tポイントの有効期限はポイント数の変動があった日から1年間となっています。ありがたいことにマジカルクラブTカードJCBは公共料金などの支払いにも使うことができますので、実質的には有効期限がないようなものです。先ではニッセンの話も出ましたが、ニッセンでマジカルクラブTカードJCBを使えばTポイントとは別にニッセンポイントも貯まります。このような形でポイントの2重取りも可能となっていますびっくりマーク
 
このようにマジカルクラブTカードJCBはとにかくTポイントに特化したクレジットカードなのです。だからこそ、Tポイントの貯まりやすさや使いやすさといったところが最大のメリットになってきます。今はポイントにもいろいろなものがありますが、Tポイントはもっとも勢いのあるポイントといっても過言ではありません。
 
Tポイント以外でのメリットとしては、e明細というものも挙げられます。e明細というのは言ってしまえば、ペーパーレスの明細サービスです。カード発行済みの方や口座振替手続きが済んでいる方であればe明細を利用することができます。PDF対応端末に限りますが、いつでもどこでもパソコンやスマートフォンから確認することができますし、ログイン後のマイページで確認することになりますのでセキュリティも万全です。パソコンにe明細書をダウンロードしてデータを保存、管理することもできますので、とても便利です。
 
あとは、マジカルクラブTカードJCBが1枚でTポイントカードとクレジットカードを兼ねているという部分もメリットと言えるかもしれません。主婦の方であればいろいろなカードを持っているでしょうし、いろいろなカードがあるからこそ1枚でも少なくしたいはずです。Tポイントカードとクレジットカードを別々で持っているという方であれば、マジカルクラブTカードJCBを持つことによって少なくとも1枚はカードを減らすことができますので、お財布もすっきりしますね!
 
 

マジカルクラブTカードJCBのデメリット

国際ブランドの選択肢がJCBしかない

マジカルクラブTカードJCBではその名の通り、JCBしか国際ブランドを選択することができません。JCBブランドは海外での使用においては、地域によっては不便を感じることもあるかもしれません。海外に行く機会が多くある人であれば、VISA・MasterCard・AMERICAN EXPRESSブランドを持っておくと良いでしょう。
 
 

旅行傷害保険がない

先ではマジカルクラブTカードJCBのメリットについてお話しましたが、さすがのマジカルクラブTカードJCBも万能というわけではありません。デメリットもあります。
 
デメリットとして、まず挙げられるのが旅行の傷害保険がないという部分です。クレジットカードにおいては国内旅行傷害保険や海外旅行傷害保険が付帯しているケースがとても多いです。そのため、クレジットカードを持てば自動的に何かしらの旅行の傷害保険がついてくると思っている方も少なくありません。
 
ただ、マジカルクラブTカードJCBには国内旅行傷害保険も海外旅行傷害保険も付帯していないのですガッカリ最近では旅行の際にクレジットカードの付帯保険に頼るという方も増えていますので、付帯保険をあてにしていた方にとってはデメリットになってくるでしょう。
 
また、マジカルクラブTカードJCBには家族カードやETCカードといったものがありません。家族カードがないので、家族ひとりひとりが申し込みをする必要があります。ETCカードに関しては、ETCカードの申し込みができる別のクレジットカードを持つしかありません泣き顔
 
 

~まとめ~

マジカルクラブTカードJCBは、まさにTポイントに特化したクレジットカードと言えるでしょう。一方で、一般的なクレジットカードでよくある国内旅行傷害保険や海外旅行傷害保険といったものは付帯しませんし、家族カードやETCカードといったものも用意されていません。
 
Tポイントに特化するために、いろいろなものをそぎ落としているといった印象です。ただ、Tポイントというのは数あるポイントの中でももっとも勢いのあるものですし、ポイントとしての利便性もバッチリです。日々の生活に密着しているTポイントだからこそ、マジカルクラブTカードJCBは主婦の方の強い味方になってくれるのではないでしょうか・・・
 
 

注目マーク只今期間限定の新規入会キャンペーン中につきもれなく5,000円分のクーポンがもらえる!

キャンペーン期間:2019年12月25日(水)まで
 
※本特典は予告なく期間や内容が変更される場合があります。
※入会特典の詳細については、お申込みページ内にてご確認下さい。
新規入会キャンペーンにつき、通販のニッセンで使える5000円分のクーポンがもらえる
期間限定のこのお得な入会キャンペーンをお見逃しなくびっくりマーク
『マジカルクラブTカードJCB』へのお申込みは、こちらからお申込みページへお進み下さい。